子宮腺筋症 ディナゲスト治療から、子宮全摘、卵巣摘出までの道のり

たかが子宮腺筋症。でもそのせいで普段の生活に支障が…。そのため治療することに。その治療日記をつらつらと書いてます。

子宮全摘手術 ④(手術当日2)

〇〇さん、終わりましたよーと声をかけられ、終わったのを知りました。

あっという間だったー。でも意識が朦朧としていてあんまり状況もわからない。ただ気持ち悪いのと尿意がハンパない。

部屋に戻るとぷいぷいの音が聞こえたので2時頃なんだとわかる。

ってか、8時に入って2時って?!まあ全身麻酔が覚めるの待ってたとしても長かったんだ。

病室には、旦那と母が待っていてくれて

先生から無事終わりましたよー、癒着もなくキレイに取れましたって教えて貰ったと。

手術は成功したんだ、よかった。

 

でもそれ以上に今の状態が辛すぎる。

腕には点滴、右側にお腹からドレーンの管、尿管の管、左側には背中へ続く麻酔の管。あと酸素マスクと足には血栓防止のマッサージ機。もうどんだけー?!ってくらい付けられまくって、身動きすら出来ない。

凄いことに傷の痛みはほとんどない。

けど、何が辛いかって、寝たまんまで体勢一切動かせない背中の痛みと腰の痛み。これが想像してなかった辛さだった。

これは全身麻酔だからみたい。やっぱり全身麻酔すると体がすべて機能停止する訳だから、そこからの回復には時間も痛みもあるってこと。

 

このまま一晩を過ごすなんて絶対に無理ーーー。ほんと泣きそうだった。このままガサッと起き上がってやろーかと思うけど、そんな力どこにも無く寝たまんま。今思い出しても辛い。もう経験したくない( ノД`)

しかも尿管カテーテルがうまくついていなかったのか、ずっと尿意を感じたままの状態だったのもすごいストレスだった。

 

ほんとどうすることも出来ず

1日目が終わったのでした。

ほんとよく頑張ったよ、私(ヽ´ω`)トホホ・・