子宮腺筋症 ディナゲスト治療から、子宮全摘、卵巣摘出までの道のり

たかが子宮腺筋症。でもそのせいで普段の生活に支障が…。そのため治療することに。その治療日記をつらつらと書いてます。

子宮、卵巣全摘手術から3ヶ月。

お久しぶりです(^^)

毎日寒すぎて発狂しそうです(笑)

もうなんか空気がイタイ…。

 

今日は手術後3ヶ月検診でした。

相変わらずの激混み(ヽ´ω`)トホホ・・

予約ありで2時間待ち。

でもね、そりゃそうよね。

こんだけすごい医師や設備が揃ってたら

みんな来るわけだ(笑)

 

久しぶりに主治医の先生に会いました♡

やっぱりイケメン、かっこよすぎた←そこっ(笑)

その後の様子も聞かれましたが

至って順調。

術後、腸の調子があまりよくないことを伝えると、まあね、術後の癒着とかお腹開けてみないとわからんからねー…ふたりで苦笑い(笑)

そんなたいしたことない会話、1分くらいかな。すぐ内診室へー。

 

うちの病院の内診室は、

2つの待合の小部屋があります。

なので、先の患者さんが入って内診してる時の声が聞こえるんです。

たまたま私の先に診察されてる患者さんがいて、先生の声が聞こえて来たんですが、

これが子宮ね、で、これが赤ちゃんの袋みたいなところ。まだちゃんと見えないけど、次には形で見えると思うからねーって。

あっ、赤ちゃん出来たんだー!!

なーんか、その会話聞きながら

自然にうれしくなって、

心の中でおめでとう!って言ってしまいました。

なんか産婦人科ってほんと深いですよね。

今の自分も初めて妊娠した時があり、

無事出産できた。

そして、初めて生理が来た年から数えると37年間の役目を終えて頑張ってくれた子宮と卵巣を昨年とった。

待合室でそんなことを思いながら

感慨深くなりました。

 

内診は特に異常もなく、

傷もキレイに治ってきてるよーって。

お腹のキズもピロって服をめくられて

キレイ大丈夫やねって。

そして、カーテンの向こうの先生から

今日で終わりです。

また何かあったらきてくださいねって。

看護師さんも、今日で卒業やでーって。

 

普通はやったーーー!なのかもしれませんが、

もう先生に会えなくなると思うと

寂しい思いがぶわーーっと溢れてきてね。

泣くわけでもない、なんか寂しさっていうのかなぁ。

で、結局手術してもらってありがとうございましたって伝えられなかったという後悔⤵︎⤵︎もあり。

なんかあったらって、子宮も卵巣もないからほぼもう何も無いから会えることもないやん。

そう考えると、産婦人科に来るのも今日が最後なのかと思うと、なんかほんとさみしくなってきて。

うまく言葉にはできないんですけど、

女である役目を終えたみたいな気がしてね。

子宮をとった時より寂しい気分です。

 

最後に見た先生の笑顔、

うーーーん誰か写真にとってくれーー(笑)

 

話しは変わりますが、

あれからの術後の変化を書いておきます。

すごいのは、全くおりものがない。

毎日それに感動しております(笑)

おりものシートいらんー!って。

あと私の場合ですが、

やっぱり腸の調子がよくないかな。

なんかお通じがくる感覚が鈍ってる感じで。

ヨーグルトや納豆食べたり、

ビオフェルミン飲んだりしてるけど、

便秘は治らず、1回のお通じにすごく時間がかかります。

癒着までとはいかないけど、

やっぱり手術によって腸の動きがおかしくなったのかもしれません。特に私は人よりお腹弱いこともあるので、少しのストレスがかかるだけで腸も敏感になってしまったんだと思います。

 

更年期のほうは、うーーんどうなんだろ。

ホットフラッシュとかはないんですが、

頭痛や吐き気、怠さは日によってあります。

術前まではなかったから。

原因はわかんないけど、

うまく付き合っていくしかないかなと。

 

とりあえずこのブログも今日で一旦終わりですね。なんかさみしい(ノω`)

ちょっとでも全摘される方のお役に立てればと思って書き始めたこのブログ。

いっぱい読んでいただいてうれしいです(^^)

 

 

 

子宮腺筋症、子宮全摘術後1ヶ月半が経ちました。

日にち薬とはうまく言ったものですね。

術後1ヶ月に比べても、もっと回復しました。

 

お腹の傷は切り傷みたいになり、

痛みもありません。

 

お股を縫ったところ、痛みも違和感もほぼなくなりました。

縫っていた糸もかなり吸収されたみたいで見えなくなってきました。

 

あと、まだもうひとつなのが、

お腹の調子。

腸の動きがまだしっくりきていません。

ガスが溜まりやすい、

便秘になりやすい、

腸が動くとお腹が引きつったみたいになり、

痛みが伴う。

なので、ゆるめのパンツをはいたり、

常にお腹を暖めたり、

便秘解消マッサージをしたり、

ヨーグルトを食べたり

お腹にいいことはすべてやっています。

まあ、そのうちマシになるかなぁとは思っていますが、こればかりは日が経たないと治らないので、もうしばらくのガマンです。

 

そうそう、ひとつ。

少し前までま茶色のおりものが少しだけあったのですが、なくなりました。

というか、おりもの自体がなくなったんです!

もともとおりものが多く、毎日パンティーライナーを使っていました。

それが今全くなくて、汚れない!!

こんなに快適でいいの??とびっくりしています。

あとは、PMSがないこと。これは大きいですよね。PMSによる体調不良がない、こんなにも楽なんですよね。

 

だから、普通に手術を受けた人なら

この快適生活にほんと満足できると思います。

 

私の場合、ちと手術後のストレスで

パニック発作が再発してしまい、

そちらで体調崩していまして…。

でもPMSだとわかる体調不良がないことだけでも救われています(^^)

子宮全摘手術から1ヶ月たちました。

手術から1ヶ月たちました。もう1ヶ月かぁ。なんかいろんなことがあって自分でもついていけてないまま1ヶ月たったという感じです。

 

今日は1ヶ月検診に行ってきました。

子宮の病理検査も全く問題なしで、お風呂もいいし、普通の生活で大丈夫ですよーって。但し夫婦生活は3ヶ月あけてねって。はいはい、そんなの全くする気にもならないので大丈夫ですよ(笑)

ほんとそれで診察終わり。短すぎでは…(笑)

でもひとつだけ体調面で気になることがあったので聞きました。

退院してからずっと吐き気がある。そして、頭痛めまいもあって、最近酷い。もしかしたらホルモンバランスの関係かなあと思ってと…。

とりあえず更年期とかだと心配だったので聞きました。

先生いわく、まだホルモンバランスの影響は出ないよ。きっと精神的な面からかなって。

手術後のしんどさやちょっとした体調不良をすべてそのせいにして、自分で思い込んじゃってるんだね。

誰だって痛かったりしんどい部分はあるやん、でもだからどうなん?って僕は思う。だってそれで死ぬことはないし、そのうちなんとかなるって思っていればさ。

そう言えば術前の説明の時、旦那さんが言ってたね。精神的に弱い部分があってすぐそれが体調に響いちゃうって。まさにそれやと思うわ。

それなら治すのはここじゃなくて、心療内科かな…と。

 

はい、その通りでございます。

先生は正論。でもその正論通りにいけばこんなしんどくはならないんですよね。

3年ほど前から心療内科に通っています。父の死や仕事でのストレスが同時に重なって、自律神経失調症パニック発作、不安障害になってしまいました。

一時のことを思えばかなり回復してるんですが、少量の薬でその状態を保っているのも事実で。

なかなかこのパニック発作、自律神経の病気は治らないんですよね。頭にこびりついてるというか…。また何かの拍子でひょこっと出てくるんです。

実は今回入院前日までその心療内科の薬飲んでたんですが、そこからずっと飲んでなかったんです。そしたらやっぱりきましたね。

今回はいつもより酷いバージョンで(笑)

実は月曜日から仕事復帰しました。

でもその行く車の中ですでに吐き気やめまいがしてきて、着いてからも何分かおきにくるパニック症状。こんな何回も来るの初めてでほんとびっくりしました。で、火曜日も今日水曜日も、その状態が続いています。

 

先生は原因としてはホルモンバランスではなくて、ストレスかなと。例えば手術後の痛みやしんどさだけだなく、手術すること自体、身体にとってはすごいストレス。これらが重なってそうなってるのかもねって。

そう言われて、ストンっと腑に落ちたというか。そっか、いろんなストレスがいっぺんに身体にかかってたんだ!ただでさえストレスに弱い私だから、そりゃそうなるわなって。

そう言われて少しホッとできました。

うちの先生、やっぱり前向き、ポジティブ、あんなふうになりたい…(笑)

 

心療内科には金曜日行く予定です。

今回の状態伝えて、薬の量とかを調節してもらおうと思っています。

やっぱりなかなか治らないんだなぁ、何年もかけてうまく付き合ったいくしかないのかもしれない。

でもでも死ぬ訳では無い。できる方法で生活の質をあげていったらいい。

 

今日もそう思わないようにします!って先生に行ったら、そう思ってる時点でもう思ってるやん(笑)ってツッコまれた。

 

明日はまたお仕事です。

金曜日も病院、夜は忘年会です。

なんとか乗り切れますように。

更年期なのかな…(涙)

手術前にも先生から言われたこと。

 

手術後、体調が良くなくても

手術したからってそのせいにしたらダメだよ!って。

卵巣取らなきゃよかったって思うかもしれないけど、残してて酷かったPMSがなくなってなかったり、将来卵巣がんになったり。その結果は誰にもわからないからって。

 

手術後も自分をリセットできた気がしてた。

手術してよかったって。

病室の窓から外の景色を見ながら

絶対に手術のせいで体調悪くなったのかも…って思わないって自分の心に誓いました。ほんとそう思ってます、今でも。

 

でも、でも、ついつい体調が悪くなると

更年期なのかも…と悩んだり、

子宮全摘した人、みんなスッキリして体調すこぶるいいです!って言ってるのを耳にしたりすると、今の自分とのギャップについていけてないんです。

私だけ?って。きっと自律神経の弱さが追い打ちをかけてるんだろうな、こう考えてしまうのは。

 

今日も午前中体調よかったのに、午後から吐き気、頭痛、めまいのいつもの3点セットがやったきました。ずっとダラダラと寝ていて、何もやる気が起きない状態。

こんな自分がイヤでイヤでたまらないんです。

 

焦らない、自分のペースでってわかってるんだけど、心と体がついてこれてない。

 

やっぱり更年期なのかな。

卵巣取ってそんなに早く更年期になるんだろうか。よくわかんない(涙)

子宮全摘22日目~ゆっくりゆっくりと戻りつつあります~

もう早いもので術後22日になりました。

体調ですが、私の中では回復して今週から仕事復帰する予定だったのですが、なかなか予定通りにはいきませんね。子宮全摘した方のブログ読ませてもらうと、術後の体調もよく、すぐ普通の生活に戻れたり、仕事復帰もされてる方も結構多いんですよね。

でも術後の回復もその人ひとりひとり全然違うわけだから、あまり他人と比べずに自分の体調に合わせゆっくりと回復していけばいいかなぁと思っています。

 

体調についてですが、お腹の傷口はほとんど目立たなくなり、最後のかさぶたもかなり小さくなり、痛みもほとんどなくなりました。

それよりも気になるのが、手術の傷とかではなく、手術したことによって臓器が動いたからかお腹と腰の調子がよくないんですよね。

術後からずっと吐き気があり、食べれなかったんです。まあ最近はかなりマシになりましたが、油っこいものやお肉などがまだ食べれないんですよね。

だからか、そういうものを食べるとまだ下痢ピーになってしまうんです。しかもその時、腸を刺すような痛みがキューーーっと走ってめっちゃ痛いんです。

あとは下痢ピーなどでお腹の調子がよくないと腰にも痛みが来てしまいます、なぜかわからないけど。

退院からずっとお腹の調子がよくないのがちょっとしたストレス。でも、お腹の調子が整うまで結構かかりましたというブログを見かけて、そういう人もいるんだから大丈夫と思うようにしています。

 

あとは、気圧の関係もあるのかな、吐き気と頭痛とめまいが一緒に来る日があります。ちょうど先週一気にきて、ほとんど寝込んでました。元々頭痛もめまいも全くなかった人なので、この状態になるとちょっと凹んでしまいます(ヽ´ω`)トホホ・・これも徐々になくなってくれたらうれしいんですけどね。

 

でもほんと少ーしずつですが、1週間単位で考えると、前の週より確実に回復はしてきています。なので、1ヶ月で完全回復を目指すのではなく、ゆっくりと自分のペースでいこうと思っています。

と書いてる今も、腰が超痛いんですが(笑)(笑)

 

そうそう毎日時間もあるので、朝と昼に歩いています。歩いているといろんなことを考えられるし、リセットできるんですよね。

今日も寒い中歩きながら、早く美味しいもの食べたいなぁー、お出かけもしたいなぁー、なんて思っていました(^^)

子宮全摘後16日目(プチ手術?!)

昨日まで暖かくていいお天気が続いていましたね。だからここ最近はめっちゃ歩いていました(^^)

朝、昼、夕方と。

体力回復、便秘解消のためにも(笑)

 

術後、お腹の傷はほぼ痛くなくなってきたんですが。実はお股がちょっと…。

昔からなんですが、風邪などで抗生物質を飲むとすぐカンジダになっちゃうんですよね。

で、今回も手術で抗生物質をいっぱい使ったからか、お股が痒くなってきて。ガマンしてたんですが、あの痛かゆい感じが耐えられなくて。

で、昨日病院に電話すると、明日診療してくださいと言われ、本日1ヶ月検診を待たずに病院へ行ってきました。

 

が、しかし。今日朝から体調がなんだかよくない。とりあえず家を出て、40分ほど車を運転しているうちに、吐き気、めまいが酷くなってきたんです。運転していても頭がふわぁーとしてきて、ほんと気力で運転している感じ。あまりにも辛くて途中で帰ろうかと思ったくらいでした。

そしてなんとか、病院に着いたのですが、待合室でもその状態は全くよくならない。

頭痛、吐き気、座ってるのにめまいがして目の前がフワフワしている。そして手足の痺れ、体中が熱くなってくる感じも。いろんな症状が、一気に表れてほんとじっとしているのもしんどい状態でした。

そのまま診察までの2時間、全く動かず目を閉じてひたすら治るのを待ってました。結局治らなかったのですが…。

 

で、2時間ほど待って呼ばれました。入ったらいきなり先生が私の顔見て「痒い?」と。いきなりかい(笑)でしょ。私からは多分カンジダだと思いますと話して、すぐ内診室へ。

先生が見たところ、なんかカンジダではなさげな様子。で、あのガチガチに切れた傷のところを先生押す押す。ここ痛い??って。めっちゃ痛いです(ヽ´ω`)トホホ・・←私。

もしかしたら傷口に膿が溜まってるのかなぁと言いながら、ちょっと中見てみるわと。

そのまま局所麻酔するねーと言われ、あそこに注射3回ほどされました。きっとチクッと痛いだろうなと思ってたのですが、想像以上っていうか、その局所麻酔が死ぬほど痛すぎました(><)

まあね、考えただけでも痛いですよね、あの部分に麻酔の注射って!!途中痛すぎて動くから内診台で足を看護師さんに持たれましたよ(笑)打たれてる時、目の前星がいっぱい飛んだほど、ほんと痛かったんです(ノω`)

で、麻酔が効くか効かないかの状態で、その傷口の糸を切り、中をグリグリして膿があるか確かめる先生。痛さはマシになったけど、何されてるの?状態。傷口掘ってる?みたいな(笑)

でね、内診台の仕切りカーテンの丈が短いから処置してる先生が見えるんですよ。だから思わず見ちゃいましたよ、先生今何してるの?って(笑)

で、傷口を見終わったけど膿らしきものはなかったらしく、なんか細菌が入ったのか、うーんなんでやろ?ってことになり原因わからず。

先生が傷口の中をキレイにほじくり出してくれたおかげで、そこがまた切れちゃった訳ですよ。そこで先生、うーんひと針縫っとこかと。はぁ??縫うんですか??コ、コ、コワイ。

っていうか、局所麻酔して、縫ってって、

ちょっとしたプチ手術だよ!!(笑)

局所麻酔だから全部声も聞こえるし、糸の縫ってる感じもわかる。「あの糸とってー、これ太いなぁ、でもこれでいこか」と言いながら、縫われましたよ!!やっぱり痛かった、ほんと痛かった。その時の先生見たら、ガッツリ手術モードやったけど(笑)

先生、膿あったらもっと開いて出そうかと思ってんけどと。もう言いですぅ(涙)(涙)←私。

最後も痛いところが全体的にあったので、いろんなところ押さえられて、ここ?ここの痛さは?傷のところ違うで?ここは痛くないの??めっちゃドSに痛さを報告させられるという荒行(笑)

もう私も縫った痛さで全部痛いんじゃーーって言いたかったけど、大好きイケメン主治医には逆らえず、その痛さに耐え、泣きそうになりながら大丈夫ですぅと(笑)

結局やっと2週間して傷口の痛みもなくなってきたのに、また切られて縫うというデジャブ。またしばらくお股がめっちゃ痛い状態です。

 

今日わかったのは、先生、めっちゃ手術好きなんだろな。やっぱお医者さんの中でも、凄くて賢い人ってどこか変わってるけど、きっとうちのイケメン主治医は外科医的な技術にめっちゃ自信もってて、手術したがりーなんだろうなぁということ。あと、白黒つけたがりさんかなー、終始ドSでしたから(笑)

結局プチ手術で20分くらい内診台に乗ってました。まさかあそこで縫われるとは。そしてお股越しに先生の顔を見ながらどこが痛い、痛くないの会話(笑)なんか変~(笑)

 

ということで、やっとこさ終わり、お股を引きずりながら会計へ。きっとプチ手術だから5000円いやもっと高いかも…と心配しながら、自動精算機の前でカードを用意してたら、なんと本日350円なり~(笑)

はぁ??350円?え、そんな安いの??麻酔もしたし、縫ったよ??

いつも診察時間5分でディナゲスト貰ってた時なんて1万超えやったのに。

プチ手術、350円。先生いろいろとありがとうございます(ヽ´ω`)トホホ・・

 

そして病院からなんとか帰ってきたんですが、まだ吐き気や頭痛、めまいは治らず。昼ごはんも食べれず横になっていました。でも娘が期末テスト中で2時から塾なので、這いつくばりながら送っていき、その後も実家に夕ご飯貰いにもいき、休む暇などありませんでした。やっぱり主婦は大変です。

 

夕方になり少しマシになってきました。

あれはなんだったのだろう。

原因として考えられるのは、今日久々の雨で気圧の影響。

あとは、まさかもう卵巣とった影響が出てきてる?!早くない?いや、でもその可能性はある。

更年期到来か!

ひゃーどーしよーです。こんなに早く来るとは。

 

次回は1ヶ月診察です。そこで状態とか話そうとは思っていますが、きっといまの病院は大きな病気(筋腫や内膜症、子宮ガン、卵巣の病気など)でかかる病院なんですよね。

だから更年期障害となると、長い付き合いで更年期外来などしてる個人病院のほうがいいのかなぁとも思っています。

しばらく様子をみて、酷くなるようならまた病院探しかな。

 

でも更年期のしんどさを手術のせい、卵巣とったせいにしない!って決めたので、前向きに更年期と向き合えるようにしなきゃなーと思っています(^^)

 

ドラマ「コウノドリ」。今週は特別だった。

毎週見てるコウノドリ。いつも泣いてしまう大好きなドラマです。綾野剛演じるコウノドリ先生、ほんとこんな先生いてくれたらなぁーっていつも見ていて思ってます。

昨日のコウノドリは、吉田羊さん演じる小松さんが子宮全摘する話。そしてその原因が子宮腺筋症でした。ちょうど先週、子宮腺筋症で子宮全摘した私にとっては、まさにタイムリーすぎてびっくり!

小松さんを診察し状態を見たコウノドリ先生と四宮先生、全摘しかないな…と。コウノドリ先生はホルモン療法もあると言ってたけど、完治は全摘しかないと。やっぱりどの先生が診てもそういう診断になるのかぁと、自分ともすごく重ね合わせました。私もホルモン療法したりしたけど、結局は手術の決断をしたから。

 

私は子どもも一人いる。しかも年的に出産はもう無理。だから子宮、卵巣はしっかり役割を果たしてくれたと思っています。だから全摘と言われても、手術が怖いだけで全くさみしさはなかったんですよね。
でも小松さんは子どもがまだ産める可能性がある。女性にとって閉経するまでは、子宮があることは女でい続けられるお守りのような感じなのかもしれない。
だから、ドラマでも小松さんはすごく悩んでた。これから先のこともいろいろと考えちゃうし。きっと男性にはわからないと思うけど、子宮をとるということは女性にとって単に臓器をとるということではなくて、身体的にも精神的にも少なからず影響があるから。
手術する直前、今から麻酔入りますよという時、ちょっと待って!という小松さん。ほんの数秒だったけど、きっといろんな思いをそこで思い返したんだろうなあと。

 

改めて今週のコウノドリはいろいろ考えさせられる回でした。
子宮腺筋症という病気もあまり知られてなかったけど、誰にでもなる病気で、大量出血や生理時の激痛だけでなくそこからくる酷い貧血があり、毎月それに苦しんでる女性が多いということも少しは知ってもらえたかなぁと。

 

先週の今日退院してきてやっと1週間です。なんか何もしなかったのんびり1週間(笑)
やっと今日旦那が駅に車置きっぱなしだから送ってというので、2週間ぶりに車に乗りました。
ちょっとドキドキ(笑)なんとか乗れました。
さーて、来週あたりから普通の生活に戻っていかなきゃですね(^^)まあ無理のない程度で(笑)